目立たなかったのがあまりにも悲劇なアスリート

フランスサッカー界において名誉を轟かせているのはミシェル・プラティニ、ジヌディーヌ・ジダンのお互いいますが、おんなじポスト、しかもこういうお互いに勝るとも劣らないメソッドを持ちながら、何だか全然名誉を得られていないアスリートこそが、ユーリ・ジョルカエフだ。

フランスのチームで欧州の注目を集めるという若くして代表へ召集、パパン、カントナの最高潮とも言われた時代に司令塔として活躍決める。
但し、レクレーション終了間際の立て直し劇で1994クラスにオコナワレタワールドカップの参加はならず、後セリエAのインテルへ移籍
ここでも司令塔、モシクハストライカーとしても活躍を見せましたが、当時はロナウド辺りスターウォーズアスリートがひしめく分隊、その影に隠れていまいち目立ちませんでした。

30年代になり、生まれ故郷開始のワールドカップには代表へ召集されますがそれも遠ざけ、ただし参加したレクレーションでは成約を記し、場所も決めています。

チーム状況ではなかなかの数値を記し、2002クラスワールドカップ、負傷したジダンの代行として世界の注目を集める契機となりましたが、この大会でのフランス代表はしりつぼみ、ジョルカエフも活躍出来ないとおりビッグイベントわを後にしてしまう。
頼もしいメソッドを覚え、チーム状況で活躍しましたが、ジダンを始め、多くのスタースポーツマンの影に隠れて決して目立たなかったのがあまりにも悲劇なアスリートでした。